サシヒロ株式会社ロゴ

サシヒロ株式会社ロゴ

メラフィット

メラフィット

ANTIBACTERIAL抗菌とは

メラフィット抗菌とは
可視光も不要、
効果は半永久的

メラフィットは無光空間でも
最大の抗菌性能を発揮。
品質の維持と安全性を高めた
抗菌メラミン化粧ボードです。

抗菌って、な~に?

菌を長時間増やさないようにすることを、 抗菌といいます。
菌を一時に死滅、除去する殺菌、除菌とは 区別されます。

抗菌加工製品って、な~に?
メラフィット抗菌加工製品
抗菌評価試験

表面の細菌を増殖させないように加工され ている製品を抗菌加工製品といいます。
JIS(日本工業規格)では、加工されていな い製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が 100分の1以下(抗菌活性値2以上という) である場合、その製品に抗菌効果があると 規定しています

抗菌加工製品を使う利点は?
メラフィット抗菌加工製品

細菌による人間への悪影響は、その細菌が ある量を超えて大量に増殖した場合に起き るのが殆どです。抗菌製品は、細菌の増殖を 抑えることができるので、人体への影響を 小さくすることができます。
抗菌って何?(https://www.kohkin.net/)

防カビとは?

特定のカビの生育を抑制することを防カビといいます。

防カビ加工製品とは?

防カビ加工されていない製品の表面と比較し、特定のカビの生育が基準より抑えられることが確認されている製品です。

【防カビに関する注意事項】

  • 防カビ試験は、SIAA指定法にて実施しています
  • 防カビ加工は、カビを死滅させるものではありません
  • 使用条件によってはカビが発生する場合があります
防カビ加工製品を使うメリットは?

人間の生活環境とカビ(真菌など)の生存域は、その条件が非常に近く切り離すことが難しい関係にあります。
しかしながら、衛生的な生活環境を設計するためには防カビ機能を持った製品を上手に利用することができます。
適切な防カビ加工製品を利用することで、不快で不衛生の原因となるカビによる被害を最小限にすることが出来ます。

安全性は?
メラフィットの安全性について

抗菌メラミン化粧ボード メラフィットは SIAA(抗菌製品技術協議会)の定めるガイドラインを満たした抗菌加工製品です。
SIAA(www.kohkin.net)

化粧面に練り込んでいる使用抗菌剤は次の4つの安全性試験をクリアーしています。

  • 経口毒性(飲み込んだ時の有毒性)
  • 皮膚への刺激性(長く触れたときの炎症)
  • 突然変異性(遺伝子DNAへの影響)
  • 皮膚感作性(アレルギー)

9 FEATURESメラフィット9つの特徴

SIAAマーク表示製品
SIAAマーク表示製品

JNLA認定検査機関に於いて抗菌製品技術協議会ガイドラインに準拠した抗ウイルス活性試験・抗菌活性試験・カビ抵抗性試験を行い、各々効果実証済み。SIAA初の抗ウイルス・抗菌・防カビマーク表示製品となりました。

光が不要
光が不要

光触媒機能を有しないため化粧面を侵しません。無光空間(室内環境)でも最大の抗菌(・防カビ性能)を発揮します。還元変色しないので褪色に有利です。

効果は半永久的
効果は半永久的

吹付などの表面コーティングではなく、深層まで均一に分散、強固に固着しているので拭き取りで剥がれ落ちる心配はありません。
例え化粧柄が消えるほど削り込んでも効果が半永久的に持続します。
※但し化粧面が直接菌に触れることを前提としていますので、塵埃、汚れなどで、覆われることないよう日頃の清掃が大切です。

無毒性(人にやさしい)
無毒性(人にやさしい)

抗菌剤自体が動物に対し経口毒性やDNAへ変異原性など、安全性基準を満たしているだけでなく溶出しない構造なので人畜無害といえます。

防カビ
防カビ

バクテリア「細菌」のみならず一般建物内に存在する約60種類のカビ「真菌」全てにおいて効力があります。

抗ウィルス
抗ウイルス

製品上の特定ウイルスの数を減少させます。
・抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
・SIAAの安全性基準に適合しています。

防臭効果
防臭効果

嫌なカビ臭は増殖する際胞子が分裂することで発生します。一般に菌が作用することで発生する臭いも増殖が抑制されれば当然の如く減臭します。

耐性菌ができにくい
耐性菌ができにくい

単独成分だけでなく独自の複合技術で忌避効果を引き出しているので、死滅していく菌は他の成分に助けられ最小限で済みます。
耐性菌が発生しにくいメカニズムです。

抗菌効果速度
抗菌効果速度

JIS Z 2801の抗菌試験方法では24時間後の抗菌活性値を2.0以上(1/100)と規定していますが東アジアの現場では、18時間後の指標値を参考にされています。
メラフィットはその18時間後に抗菌活性値5.0以上(1/100000)の抑制効果を発揮していることを確認しています。