メラスパンを使用した製品の紹介

ホーム > メラスパンを使用した製品の紹介 > 音響製品 > オーディオスピーカー『弛緩』

メラスパンを使用した製品の紹介メニュー

メラフィット抗菌メラミン化粧ボード

サシヒロ株式会社

〒503-2422
岐阜県揖斐郡池田町田畑612番地
TEL:0585-45-2255
FAX:0585-45-7315
アクセスマップ

音響製品

オーディオスピーカー『弛緩』

ポール型エンクロージャー

当社では、メラスパン連続成型時にロール状の含浸紙を使用します。その芯部分に利用されている紙管は通常廃棄処分です。リユースを考えた結果、スピーカーユニットを上向きに設置するシステムを思いつき縦型のポール型エンクロージャーを試作しました。





          弛緩-2.JPGのサムネール画像 

  

特徴1

やはり何といっても最大の特徴はスピーカーが前面を向いていないことです。上向きに設置することで音源が不明瞭になり定位こそ損なわれますが、部屋のどこに移動しても音量と音色が変わりにくいBGMとして最適な音場が得られました。因みに『弛緩』の由来は「紙管」とBGMでリラックスできる精神状態の語呂合わせです。



                                
 

 




 

          弛緩-3.JPGのサムネール画像 

  

特徴2

筒型となると縦笛のようにダクト共振による特定周波数が強調される危惧があります。逆にその特性を塩ビ管などで利用するのがバスレフ型と呼ばれるシステムですが、共振を防ぎ素直な音響特性を実現するために紙管の内側に吸音材を張り巡らせました。 



 

          弛緩-4.JPGのサムネール画像 

 

特徴3

縦に設置する従来のスピーカーシステムでは、理論上コーン紙の重量の影響で歪が発生しやすいです。折角上向きに設置したのでバッフル板の共振による歪をも取り除くために、フルレンジスピーカーユニットを固定せず、支持素材に特殊制振材を用い載せるだけの構造としました。これにより紙管の共振もさらに抑えられる効果が得られます。 


 

          弛緩-5.JPGのサムネール画像 

  

特徴4

転倒防止のためにせり出したドーナツ底板には着脱可能な脚(3箇所)を用意し、直置きの密閉型エンクロージャーの音と脚を固定したときの下部開放型の音色を楽しむことが出来ます。 




 

          弛緩-6.JPGのサムネール画像 

  • メラスパンを使用した製品の紹介
  • お問い合わせはこちら

 
このページのトップへ