サシヒロ株式会社ロゴ

サシヒロ株式会社ロゴ

サシヒロブログ

テックブログ

耐摩耗試験で強化プリント紙と高圧メラミンを比較してみた

皆さんこんにちは!
「メラミン化粧板は耐摩耗性に優れている」というのはよく言われていることですが、

実際に他の素材と比べてどれほど差があるのか

というのはあまりピンと来ない方が大半だと思います。
そこで、今回は実際に耐摩耗性を調べる試験をしてみます。
高圧メラミン化粧板と強化プリント紙化粧板を使って、耐摩耗性の比較をおこないました。

耐摩耗性とは?


 
「耐摩耗性」というのは建築用語でよく使われます。
耐久性能を示す要素のひとつで、床や扉などは使用を続けていくと表面がすり減っていきます。
そういった摩耗に耐え、性能を維持する性質のことを指します。
「摩耗」とは、機械的ひっかきや金属的粘着などによって、その面が損耗する現象のことを言って、これに耐える性質を「耐摩耗性」といいます。
耐摩耗性を上げるための方法としては、「摩擦係数を下げる」方法と「表面硬度を上げる」方法の2種類があります。
ちなみに、高圧メラミン化粧板は耐摩耗性のある非常に優れた素材ですが、メラミン樹脂による「表面硬度を上げる」特性で耐摩耗性が向上しています。

実際に試験をしてみる


 
では、実際に試験をおこなってみたいと思います。
高圧メラミン化粧板と、比較材料として「強化プリント紙化粧板」を用意しました。

一般的に使用されている安価な素材である強化プリント紙と比較して、高圧メラミン化粧板がどれぐらい摩耗に対して強いのか、見ていきましょう。

強化プリント紙化粧板高圧メラミン化粧板を用意します。
大きさは10cm×10cm、厚みは強化プリント紙が2.5mm、高圧メラミン化粧板が1mmくらいです。

まずは強化プリント紙から重さを量ってみます。

21.486g。これを表面がすり減るまで摩耗させた後の回転数と
すり減った後の重量を測定します。

今回使うのはテーバー型摩耗試験機
これにはヤスリのついた車輪がついており、試験紙自体が回ることで摩耗されます。

回り始めた瞬間から白くなり始めました。
ヤスリで表面が削れていきますが、
想像以上に早くすり減っています。

下地が見え、すり減りきった段階で試験機をストップ。結果は76回転でした。

しっかり下地の色まで見えています。

さて、重さを量っていきましょう。
21.369g。すり減ったことで0.117g減少しました。

次に高圧メラミン化粧板で検証してみましょう。
高圧メラミン化粧板自体の重さは12.434g

とりあえず、先ほどの強化プリント紙の回転数まで回してみます。
写真は76回転目の高圧メラミン化粧板。
光に反射させるとうっすら見える程度にしか削れていません。

引き続き摩耗させていきます。

100回転ごとにヤスリを掃除しながら回していきます。
だんだん下地が見えてきました。

1000回転ですり減りきったのでストップ。

重さを量ってみましょう。
11.563g。1000回転も回しましたが0.871gしか減っていません。

2枚のデータがそろったので、100回転で何gすり減るか計算していきます。
計算式は省略しますが、JISに記載されている補正係数を使用して計算します。

強化プリント紙化粧板は約0.12g/100回転、高圧メラミン化粧板は約0.07g/100回転すり減っていました。
0.05gの差があることになります。
つまり100回転ごとに高圧メラミンよりも強化プリント紙の方が約1.7倍も削れているということです。

まとめ


 
今回は強化プリント紙化粧板と高圧メラミン化粧板を使って耐摩耗性の比較試験をおこないました。
メラミン化粧板の耐摩耗性の高さが分かっていただけたと思います。
耐摩耗性に優れたメラミン化粧板は収納棚やデスク、テーブル、カウンターなどモノを置くことが多い家具に使うと長持ちしやすいです。
今後の家具素材選びの参考にしてみてくださいね!

※今回の試験結果は高圧メラミン化粧板および強化プリント紙化粧板の各サンプル1点を使用して試験を行った実測値であり、高圧メラミン化粧板および強化プリント紙化粧板の性能を保証するものではありません。
※試験機および補正係数にJIS記載のものを使用していますが、試験内容や試験結果の数値算出自体はJISに明確に準拠しているわけではありません。


 
弊社では、低圧メラミン化粧ボード「メラスパン」「メラフィットV」の製造から加工を一貫して行っています。
メラスパンは、使いやすい色柄を選定し、単色・木目柄併せて常時20種類以上取り揃え小ロット受注にも対応しています。
メラスパンのサンプルは実際に手に取っていただくことも可能です。
サンプルをお送りしておりますので気になった方はこちらからお申し込みください。

その他、お問い合せはこちらからどうぞ


 

「オープンキャビネット」はBASEで発売中!


オープンキャビネットはネットショップアプリ「BASE」にて発売中です。
カラー展開は「ワイルド」「北欧」「サクラ」「ミント」の全4色。
サイズはコンパクトな「CA01」、CA01の倍の収納スペースで非対称デザイン「CA02」、CA02より一回り大きく対称デザインの「CA12」の3サイズ展開です。

詳細はBASE、MELAFANI公式Twitter、Instagramでも公開しているので、
興味のある方は是非フォローをよろしくお願いいたします!

お知らせ一覧