サシヒロ株式会社ロゴ

サシヒロ株式会社ロゴ

サシヒロブログ

広報ブログ

クレドプロジェクト始動!

みなさんは「クレド」という言葉を聞いたことがありますか?
クレドとはラテン語で “信条” “” “約束” を意味しています。
企業理念や行動指針を具体的に言語化し、全従業員の行動や考え方の模範となるものです。
それらを掲げ明確にすることで、社員一人ひとりが適切かつ迅速に判断し、自主的に行動ができるようになります。

そこで昨年12月、当社のクレドを策定するための「クレドプロジェクト」を発足しました。
若手社員11名によって構成されたクレドメンバーが主体となり、全7回のプロジェクト活動を開始しました。

プロジェクトメンバーにとって、普段の仕事では関わり合うことが少ない他部署の人たちと
こうした活動を通して交流することが新鮮に感じたようで、活発で有意義な意見交換を行えました。

活動の序盤、まずはコンサルタントの酒井先生(V字経営研究所)のご指導のもと「そもそもクレドとは何か、どのように作っていくのか」について学びました。
そして4人一組、合計3組のチームに分かれて「今の私たちに足りないものはなんだろう?」など
現状の課題について意見を出し合いました。

中盤は、「私たちがお客様に提供したいサービス・価値」や「今後サシヒロが向かうべき方向性」について意見を出し合い、12個のクレドにまとめました。
その後、作成したクレドを5人の幹部社員で構成された諮問委員や社長の前で発表しました。
そして客観的かつ経営者の視点から、より良いクレドとするためのアドバイスを頂き、再度中身をブラッシュアップし、クレドの質を磨きました。

こうして約半年の長い時間をかけて、12個からなる当社のクレドが完成しました。
このクレドにはこの先10年以上も当社が大切にしていきたい、社員の心構えや行動指針が全12項目のテーマとしてまとめられています。
クレドは小冊子に印刷して全社員に配布し、常に携帯しています。

そして全社員がクレドを理解し行動を定着させるために、毎週月曜日の朝礼時、各グループ毎に「クレドミーティング」を行っています。
クレドメンバーが司会者となり、毎週1つのクレドテーマについて経験した素晴らしい気づきについて
二人一組のペアになって話し合い、グループ内で気づきを共有する活動です。
こうした活動により、クレドを理解するだけでなく、自分の言動をクレドと照らして振り返り
成長に繋がる気づきを得ることを目的としています。

今後もクレドメンバーが中心となってクレドが全社員に定着し、自主的に行動できるようになるまで普及活動を続けていきます。

お知らせ一覧